インストラクターをはじめたきっかけ

<初めてのジャズダンスの発表会>

「先生は、運動神経いいんでしょう?」とよく言われますが、実は私は、小さい頃に鉄棒の逆上がりもできない、跳び箱も飛べない、走るのもビリ、運動会大嫌いな子どもでした。

でも、幼稚園の頃にお友達のバレエの発表会を観てずっと踊ることに憧れていました。

3歳で腎盂炎にかかり無理な運動ができなかったのもありますが、やっと15歳から運動の許可が出て、毎日レッスンに通い、家でもバレエの本を見ながら無我夢中で練習していました。
運動音痴なので、他の人よりも上達が遅くて落ち込んだりもしたけど、練習した分少しずつでも変化するし踊ることがすごく楽しくなってきました。

そして、ある時に映画『フラッシュ・ダンス』を観てジャズダンスを習い始めました。
ジャズダンスの先生は、ニューヨークに行きいろんな事を勉強し私たちにいつもいろんな事を教えてくださいました。
そして私にも留学のチャンスと夢を与えてくださいました。

私がここまで続けられたのも先生との出会いがあったから、もっともっとダンスが好きになってきました。

運動音痴でも出来るんだと思います。
出来ないことも諦めないで続けること、そして出来たときの喜びを味わってほしくてダンスインストラクターをはじめました。出来ないことはないと思っているので、好きなダンスがどんどん好きになるようにそして自分の自信につなげていければと思ってます。

<初めてのジャズダンスの発表会でコーラスライン>

私は7年前にピラティスの指導の免許を取得しました。
ピラティスのレッスンの指導をしながら自分の体の変化を感じました。
年齢関係なく体が楽に動くことに感動しました。
ピラティスがどんな方にもいいエクササイズで、日常がより楽にはりのある生活が送ることができるのでたくさんの方に伝えて行きたいです。

studio GRAIN 代表 黒木理香(くろき りか)

お問い合わせはこちら

運動が苦手な子もダンスが好きになる福岡のダンス教室/studio GRAIN
〒813-0013 福岡市東区香椎駅前2丁目9-11 竜口ビル3F
TEL : 080-3373-3703
Copyright(c) 2013-2018 studio GRAIN Allright Reserved.